Home

 

お知らせ

  • 6月24日には研究委員会主催で臨床ケア哲学・倫理学セミナー「医療と人間観の問題」(上智大学)が開催されます。詳細は研究委員会のページでご確認下さい。
  • 第36回大会(帝京科学技術大学)は2017年11月11日(土)、11月12日(日)に帝京科学大学千住キャンパスで開催されます。
  • 【重要】大会ワークショップを再募集しています。またそれにあわせて個人研究発表の募集締切を延長しました(詳細は以下でご確認下さい)
  • 第36回大会個人研究発表及びワークショップ企画募集要項
  • 【重要】学会誌『医学哲学・医学倫理』第35号への投稿についてのご案内
  • 大会ワークショップ再募集及び個人研究発表募集締切延長のお知らせ
  • 2017年6月4日
    会員各位
    日本医学哲学・倫理学会
    会   長   藤野昭宏
    36回大会長  冲永隆子第36回大会 個人研究発表およびワークショップ企画の再募集について謹啓  学会員各位におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、第36回大会ワークショップ企画の再募集をいたします。
    またそれにあわせて、個人研究発表の募集期間を延長いたします。
    再募集の締め切りは、6月11日(日)です。第36回日本医学哲学・倫理学会大会(大会長:冲永隆子)は、「いのちと 向き合うケア」 を大会テーマに、帝京科学大学千住キャンパスにおいて、2017年11 月11日(土)~12日(日)の両日にわたって開催されます。
    当大会において研究発表またはワークショップ企画をご希望の方 は、6月11日までにご応募ください。

    応募に際しては、下記要領により必要事項 をE-mailにて大会事務局にご送付願います。 なお、
    ・応募者は応募締切時点で会費を完納していなければなりません。
    ・共同発表者は会員または準会員でなければなりません。
    ・ワークショップの司会は会員とし、演者は会員が半数以上です。
    ・個人研究発表もしくは共同発表での筆頭発表はどちらか1回に限られます。
    発表の採否は本学会理事会において決定します。発表に際し、共同発表者、ワークショップの司会者および会員の演者は会費未納の場合には未納分の会費納入が 必要になりますのでご承知おきください。なお、発表申込後に、メールにより申込受理のお知らせをします。申込後 2、3日経っても受理の連絡がない場合は、大会事務局までお問い合わせください。


    1. 個人研究発表の場合(報告20分、質疑応答10分)  A4(上35mm下30mm左30mm右30mmの余白、10.5ポイント、40字×36行、原則としてMS明朝体)の1行目(副題は2行目)に演題名(中央揃え)、次の行に氏名(所属)(右揃え)、次の行から要旨(800字以内)、要旨の末尾に要望演題のテーマ番号を( )内に明記。
    【要望演題のテーマ】
    ①いのちと向き合うケア ②死生学 ③ケアと哲学・倫理学 ④周産期医療 ⑤生殖補助医療 ⑥終末期医療 ⑦移植・再生医療 ⑧脳神経倫理 ⑨遺伝子医療 ⑩エンハンスメント ⑪医療倫理教育 ⑫臨床倫理 ⑬医学哲学 ⑭医療と社会 ⑮その他の自由演題

    2.ワークショップ企画の場合(全体で90分)
    A4(上35mm下30mm左30mm右30mmの余白、10.5ポイント、40字×40行、原則としてMS明朝体)の1行目(副題は2行目)にテーマ(中央揃え)、次の行に責任者: 氏名(所属)(右揃え)、次の行に司会:氏名(所属)(右揃え)、次の行に演者:氏名(所属)(2番目以降の演者については「演者」を省略し、改行して氏名(所属))、次の行から企画内容を書いて、全体を1頁にまとめる。

    3.送付先:大会事務局用メールアドレス
    E-mail:36taikaiitetsu@gmail.com

    上記アドレスに送信できない場合は、下記にお問い合わせください。
    〒192-0395 東京都八王子市大塚359番地
    帝京大学学修・研究支援センター
    冲永 研究室
    第36回日本医学哲学・倫理学会大会長 冲永隆子
    Tel&Fax:042-678-3496 (研究室直通)E-mail: upae@h9.dion.ne.jp


 メニュー